糸印

糸印 ( いといん )

小型の銅製の印鑑のことです。 室町時代から江戸初期にかけて、中国の明から輸入される生糸に付けられており、この印を押したものを取引証として返送しました。
つまみに人物や動物などが彫刻されている形などもあり、上品で優美な趣や味わいがあることから文人に愛好されました。