一刀彫

一刀彫 ( いっとうぼり )

木彫の一技法。
奈良彫ともいう。
奈良の仏師たちが余技に玩具を彫ったのが始りという。
一刀で彫ったような簡明な刀さばきが特色。
明治の森川杜園は奈良一刀彫の名手。

1本の小刀で彫って、その荒いタッチを生かした木彫技法。
また、その作品。
奈良の一刀彫り、飛騨の一位彫りなどが有名。

日本の木彫の一技法。
荒彫で、細部にこだわらず形をまとめるため、一刀で刻んだかのように見える。
近世以来奈良に伝わっており、奈良彫ともいわれ、もっぱら人形、玩具(がんぐ)の製作に用いられている。

小刀の粗い刀痕を残し、その単純明快な面を生かして完成させる木彫技法、およびその作品をいう。
普通はこの技法の特徴をよく示す奈良人形を一刀彫と呼び、飛驒の一位彫(いちいぼり)も〈飛驒の一刀彫〉と呼ぶ。
奈良人形は江戸時代初期、岡野平右衛門(松寿)が春日大社の祭礼に用いる人形の彫物をもとに始めたといわれる。
題材を多く能、狂言にとり、彩色を施して仕上げた小人形で、荒削りの力強い表現に特色がある。
江戸末期に森川杜園(1820‐94)が出て、好んで動物を彫り、名人といわれ、奈良特産の木彫工芸としてさらに広く知られるようになった。