出石焼

出石焼 ( いずしやき )

兵庫県豊岡市出石地区で生産される陶磁器。
江戸中期(1784年)伊豆屋弥左衛門が桜尾に土焼窯を開いたのに始まる。
磁器の製造は93年より行われ、有田風の白磁・染め付けなどが中心。

1784年(天明4)に陶器窯として出発したが、89年(寛政1)に二八屋珍左衛門(にはちやちんざえもん)が藩の援助を受けて、九州有田で磁器製法を学び、また城東の柿谷(かきたに)、鶏塚(とりづか)で白磁鉱も発見され、磁器窯に転じた。
民窯(みんよう)と藩窯があり、しかも各窯の興亡もかなり激しかったが、その磁器の伝統は今日も保たれている。
江戸時代の作風はおおむね有田の伊万里(いまり)焼が手本となっていたため、中国様式が基本で、それに地方色が加わって特色をつくり、染付(そめつけ)磁器や白磁に遺品が多い。

一般の説明とは違い、骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり、戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき、続いている古い業界なので大きく物事をとらえて頂き、骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。