イシハゼ

イシハゼ

焼成時に、素地の中にあった長石などの小石が、その周囲に割れ目を生じて表面に出てきたもので、石かみとも呼ばれます。
また、小石の表面が熔けて丸みを帯びて見えたり、膨れて半分飛び出したりしたもの。
石がはぜた感じが、良い景色としてとても珍重されています。
一般的には陶器を作っている粘土の中に自然に混ざっていた石が、形成され、焼かれた時に表に出てきたもの。