伊勢型紙

伊勢型紙 ( いせかたがみ )

三重県の白子町、寺家町で渋を塗った和紙を用いて作られる型紙。
型友禅、小紋、中形などに用いられます。
その技法には突彫り、縞彫り、錐彫り、道具彫りなどがあります。
型紙とは、簡単に言えば友禅染のようなもので、この場合、型紙を和紙で作り、模様を作り出した技法のことです。