色絵

色絵 ( いろえ )

陶磁器の装飾技法の一つ。
五彩、赤絵、錦手、染錦手、十錦手などを総括していう。
基本的には白磁、白釉陶、白化粧地透明釉陶などを素地として、特殊な絵具で文様を上絵付し、低火度で焼き付ける。
この技法は世界に流布しているが、創始は中国金代12世紀末と推定される。
4世紀にはペルシアのミナイ手が案出され、日本では17世紀に有田焼と京焼で始まり、18世紀以降ヨーロッパにも広まった。

赤絵、錦手(にしきで)、五彩(ごさい)ともいう。陶磁器の基本的な加飾法の一つで、白釉(はくゆう)陶、白磁胎の釉面に赤、黄、緑など各種の彩釉を使って上絵付けする手法。
世界で最初に色絵を考案したのは中国華北の磁州窯(じしゅうよう)であり、12世紀末の金(きん)時代であった。
初めは白釉陶が基礎となっていたが、14世紀元時代後半には景徳鎮窯(けいとくちんよう)で白磁胎の色絵、中国流にいって五彩がつくりあげられ、明清(みんしん)陶磁の寵児(ちょうじ)となった。
日本では江戸前期の1640年(寛永17)ごろに九州有田の酒井田柿右衛門(かきえもん)が中国人に学んで開発した。
ペルシアでは13世紀ごろおそらく独自に色絵がくふうされて、いわゆるミナイ手がつくられている。
西欧では日本の伊万里焼(いまりやき)に刺激を受けて、1720年代に色絵磁器の創成がドイツのマイセン窯で進められた。