印象派

印象派 ( いんしょうは )

19世紀半ばにフランスで起こった芸術運動。
対象の自然に見える再現を重視した伝統的な絵画の価値観を破壊し、対象を捉える輪郭線も固有色も否定し、筆触を意識的に残し、純粋に絵画独自の問題に焦点を当てて創作した。
やがて、人の精神性を表現することが中心命題となった20世紀の絵画の先駆的役割を果たした。