印刷

印刷 ( いんさつ )

文字、図、絵、写真などの原稿をもとに印刷版をつくり、印刷インキなどを塗布して紙などの被印刷物に押しつけ、機械的に複製すること。
版面の状態により、凸版印刷、凹版印刷、平版印刷の3種がある。
インクジェットプリンタや電子写真など、版を使用せずインキを直接被印刷物に定着させる印刷技術も実用化されている。
東洋と西洋では、その文字の相違により、印刷術は別個に発達した。
東洋では前3世紀頃に中国で始まり、5世紀にはインキと紙が使われたと考えられている。
西洋では 15世紀半ばにドイツのヨハネス・グーテンベルクによって近代的な印刷術が考案されたとされる。
西洋で発展した活版印刷は幕末から明治初めに日本に伝えられた。

原稿に従って印刷版を作り、その版面にインクなどをつけて文字・図形を多数の紙や布などに刷りうつすこと。
また、その技術。印刷版の種類により凸版印刷・平版印刷・凹版印刷などがある。

ふつう印刷術は中国に始まったと考えられており、その場合の印刷術は木版に文字を彫りそれに墨を塗り、上から紙をあて〈バレン〉のようなもので文字を刷りとる方法が行われたのである。
現在広く行われている活字印刷に対し、これを〈整版〉と呼んでいる。
こうした印刷は唐代(618‐907)に始まったと思われるが、しかしそれ以前から印刷類似の方法が中国やオリエントで行われていた。