印文土器

印文土器 ( いんもんどき )

印や型を胎土に押しつけ文様をあらわしたもの。
まるで多くの印を押したような感じや、いろいろな形を押し付けて描かれた模様。
中国の南東沿海地方、江蘇・安徽・浙江・江西・福建・広東・広西の諸省に分布する先史時代から戦国時代ごろまでの土器。
壺形を中心とする土器を成形しながら、木製か陶製の棒で押したり叩いたりして幾何学文様をつけたもの。
比較的低火度で焼成した軟陶(なんとう)と、カオリン土を用い950~1050℃で焼成された硬陶(こうとう)とに区別されます。