印判手

印判手 ( いんばんて )

絵付け技法の一つです。
明治期に入ると日本の窯業生産は「型紙摺絵」や「銅版転写」など、印刷による陶磁器への絵付け技術が進歩を遂げ、必ずしも絵筆に卓越した専門の絵付け職人を必要としなくなりました。
小さな点や短い線で模様を切り抜いた型紙を器の上に押し付け、上から墨やゴム液、セロゲン糊をつけて文様をうつし出します。
昔の友禅染のような感じで、型紙を作品に押し付け模様を描いて、数多く作られた安物の陶磁器。
最初は手書きの陶磁器が主流でしたが、大量生産する為にこのような手法が考えられ、価格も安く大量に出回っています。