印判手

印判手 ( いんばんて )

陶磁器の絵付け技法の一つです。
明治期に入ると日本の窯業生産は「型紙摺絵」や「銅版転写」など、印刷による陶磁器への絵付け技術が進歩を遂げ、必ずしも絵筆に卓越した専門の絵付け職人を必要としなくなりました。
小さな点や短い線で模様を切り抜いた型紙を器の上に押し付け、上から墨やゴム液、セロゲン糊をつけて文様をうつし出します。
昔の友禅染のような感じで、型紙を作品に押し付け模様を描いて、数多く作られた安物の陶磁器。
最初は手書きの陶磁器が主流でしたが、大量生産する為にこのような手法が考えられ、価格も安く大量に出回っています。

日本にも各都市にいろいろな、陶芸作品の窯元がありました。
また、大陸から渡ってきた、古渡り、唐物の作品も日本には数多く残っています。
そして、豊臣秀吉が連れ帰った、朝鮮の陶工、により伊万里焼の陶磁器の生産が始まり、陶芸作品が一挙に庶民にまで、いきわたりました。
陶芸作品は、登り窯のように火をくぐり自然の中で完成します。
作品の景色や、状態は、焼きあがるまでわかりません、そこに陶芸作品の面白さがあり、同じ窯で同時に焼かれても、一点、一点、違い同じ焼き上がりの陶芸作品はありません。
焼き上がりの景色や出来栄えにより価格は大きく違ってきます。
また、産地の特定や、時代の判断は、高台の土や陶芸作品の色合い、また図柄の伸びやかな生き生きとした大胆な構図、形で判断します。
そして藩や官窯になりますと、緻密で極彩色や空間の伸びやかさ、また精密に書かれた年号等で真贋を問われます。
このように陶芸作品の真贋を問う場合や、時代を見るのは数十年の経験が必要でしょう。
どの陶芸作品でも同じで、参考までに書かせて頂きました。