伊万里焼

伊万里焼 ( いまりやき )

佐賀県有田町では、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、多くの藩が陶工を日本へと連れ帰りました。
1616年に、その中の一人、韓国の陶工・李参平が伊万里焼を焼いたのが始まりです。
また、伊万里市南部では、藩窯である鍋島焼も生産され鑑賞陶磁として現在でも高価に取引されております。
伊万里焼は、日本の陶磁器の元祖で、その後各地で伊万里焼の真似をした下手の作品が多く作られました。
一例では、大聖寺焼が有名です。
陶磁器で有名かつ高価買取出来る品物の多くは、伊万里焼の流れをくんだ陶磁器です。
また、古伊万里や初期伊万里は、伊万里焼の中でも数少なく、貴重な作品で人気があり、高価買取させて頂きます。