一閑張

一閑張 ( いっかんばり )

漆器の一つで、香合などの茶器や菓子皿の器の木型を使用して紙を張り重ね、型から抜き取って上から漆を塗って完成させた器具です。
木地に紙を張ったものもあり、軽くて丈夫です。
飛来一閑が有名な一閑張の作家で、千家十職の中にも入っており、一閑張は有名な技法です。