家元

家元 ( いえもと )

技芸の道で、その流派の本家として正統を受け継ぎ、流派を統率する家筋。
また、その当主。
室町時代に始まり、江戸時代に諸芸道の発展とともに、能楽・狂言・舞踊・音曲・香道・茶道・華道・武道などについて多くいうようになり、現代に及ぶ。
宗家(そうけ)。

江戸期に典型的に発達、家元と末端弟子の間に芸名を名乗ることを許された教授代行者(名取(なとり))が存在するが、免許状発行権は家元が独占し、師弟間の結合を確保する。

日本古来の芸道で、流派の正統としての権威を受継ぎ、流派の門弟を統率する家もしくはその当主をいう。
すでに平安時代から、歌道や雅楽の分野に家元が形成され、戦国期には武芸の家元が現れたが、江戸時代には広くさまざまの芸道分野に、この制度が展開して今日にいたる。
家元は、統制、教育機関を通じて全門弟にその権威を及ぼし、流派の諸芸の免許を与え、その流派にそむいた門弟を破門する。