イッチン

イッチン ( いっちん )

装飾法の一つで、陶磁器の肌に盛り上げ文様を描く場合に使われる、チューブ型、もしくはスポイト型の筒のことです。
和紙などで作られ、真鍮(しんちゅう)のとび口がついており、これに泥將(でいしょう)を入れ、指で押し出して描きます。
簡単に現代的に言えば、ケーキを作る際にクリームを絞り出してデザインされるような技法。
イッチン盛、イッチン掛ともいう。

イッチン描きは材料を筒に入れることから「筒描き」、スポイトで絞り出すこともあるため「スポイト描き」・「絞り描き」ともいいます。