一閑人

一閑人 ( いっかんじん )

装飾の一つです。
井戸枠の形をした器の口縁などに小さな人形が一つついたものがあり、ちょうど暇な人が井戸(器の内側)を覗いてるような姿形をしていることからこの名が付きました。
焼き物では特に祥瑞や青磁、京焼にも見られます。また蓋置もよく見られます。
まるで陶器の縁に人がへばりついているように見えるデザインで、元々は中国から伝わったと思われます。