吹墨

吹墨 ( ふきずみ )

染付の一つの手法で、霧吹きで墨を吹きかけたように見えます。
その始めは中国明時代の古染付だといわれています。
初期伊万里の百間窯、瀬戸の油皿などの作品にもみられます。