文箱

文箱 ( ふばこ )

書状などを入れておく手箱。
また、書状を入れて先方に届ける細長い箱。

文筥、文笥、文笈などとも書く。
古くは書籍を入れて担い運ぶ箱をさしたが、中世以降はおもに書状を入れて往復する細長い箱、あるいは書状や願文などを入れておく箱をさすようになった。
江戸時代には、蒔絵や螺鈿などの美しい飾り文箱を嫁入り調度品として取りそろえるようになり、大きさや用途に応じて、大文箱(長文箱)、小文箱、半文箱、五節(ごせち)文箱(五節句の絵があるもの)、贈答文箱、常用文箱などと呼び分けられていた。