本能寺の変

本能寺の変( ほんのうじのへん )

天正 10 (1582) 年6月2日京都本能寺に宿泊中の織田信長が、家臣明智光秀の謀反にあって襲撃され自殺した事件。信長は、中国征討中の家臣豊臣秀吉を援助するため出陣の途次、本能寺に滞留中であった。光秀も中国征伐の友軍として西下の途中、丹波亀山城から引返して本能寺を襲った。信長は少数の手勢で防戦したが対抗できず、火を放って自刃。信長の天下統一の目的は達成されず、秀吉による全国制覇の第1歩が始った。

明智光秀は天正10年6月2日、羽柴秀吉の毛利攻めに出陣するため京都・本能寺に宿泊していた信長を襲撃、長男信忠を二条御所で自害させた。備中(今の岡山県西部)高松城で毛利氏と対陣していた秀吉は急きょ和議を結んで「中国大返し」といわれる機敏さで畿内に戻ると、6月13日の山崎の戦いで光秀を破り、光秀は今の京都市南部で落ち武者狩りの農民に殺害された。

天正10年(1582)明智光秀が織田信長を京都本能寺に襲い、滅ぼした事件。羽柴秀吉の高松城攻撃を救援するため本能寺に止宿中であった信長を、先に増援を命じられて丹波亀山城にいた光秀が引き返して急襲し自害させた。