砲術

砲術( ほうじゅつ )

古武術の一つ。天文 12 (1543) 年種子島に伝えられた銃砲とその操作方法が、武道と結びついて日本独自の技術や作法として発展した。小銃術と大砲術があり、江戸時代に武器、技術、作法の研究が進み、津田流、一火流、田付流、井上流、稲富流など 200家に及ぶ流派が生れ、江戸時代末期には西洋砲術を導入した高島流も現れた。

火砲を操作する術。

大小の銃器(砲)の射撃および火薬に関する知識や技術を総合的に習練するもの。日本における砲術は、1543年(天文12)大隅国(鹿児島県)種子島の南端西浦に漂着した2人のポルトガル人によって火縄銃が伝えられたときに始まる。島主種子島時尭(ときたか)は、この珍しい威力のある武器を求め、島の鍛冶に模作をさせるとともに、火薬の製法、銃の操法も学ばせた。このことを伝え聞いた紀伊の津田監物、筑前の泊兵部少輔らが種子島に渡って砲術を学び、それぞれ津田流、一火流をおこした。

わが国に火薬を用いて発射する鉄砲が伝来したのは、1543年(天文12)大隅(おおすみ)国種子島に漂着したポルトガル人によって、アルケビュース(中国名、鳥銃)という火縄式の銃が招来され、これを領主種子島時尭(ときたか)が購求して、家臣篠川小四郎に火薬の作り方、刀工八板金兵衛に鉄砲の製造法を学ばせ、ついにその模製に成功したのに始まるという。ついでに永禄(えいろく)年間(1558~70)紀州の人、津田監物算長(つだけんもつかずなが)によって、射撃法の秘伝書が著述されたのをはじめとして、慶長(けいちょう)年間(1596~1615)には、丹波(たんば)田辺の人稲冨一夢(いなとみいちむ)によって、火薬、弾道、姿勢、狙撃(そげき)点を詳細に研究した豪華な砲術伝書がつくられた。