平象嵌

平象嵌 ( ひらぞうがん )

生地の上に金属板や線を嵌め込む技法で、象嵌する形状を生地の目的個所に写し、その跡をなぞって細い線彫りをする。
線彫りの跡を鏨で蹴り上げ「アリ」を作り、その内側に象嵌する紋金(もんがね:嵌め込む金属)の厚さに見合うだけ掘り下げ、紋金を入れて均し鏨で打ち込み、ヤスリやキサゲ等にて仕上げ表面を平にする技法。

日本の金工師の技は布目象嵌等や平象嵌、等々昔の日本古来の彫金細工で、日本の金工作品が世界でも人気があるのは、このような一つ一つの手仕事の技の素晴らしさを世界の人々が感動する逸品が出来ました。
このようにいろいろな技術を学んだ後に彫金細工や象嵌細工の技術を学び、長年をかけて金工職人になれるのです。
元を言えば、金工作品の技術は日本の大切な文化遺産で刀装具や刀の職人が支えてきた日本の職人技です。
布目象嵌等や平象嵌を作る技術は、昔から伝わった技ですが、現在ではなかなか継承出来る技術者は少なくなりました。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き、骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。