火襷

火襷 ( ひだすき )

無釉の陶器の表面にたすき状に何本かの赤褐色の筋があらわれたもの。
窯に入れて焼くときに器と器の間においた藁が器面にからんであらわれたもので、備前焼や常滑焼の火襷が有名です。
一般的に登り窯で大量に焼かれた時、偶然、また自然に出来た模様で、まるで炎が燃えているような地模様が作品の表面に自然に出来上がること。