埴輪

埴輪 ( はにわ )

日本の古墳の装飾として墳丘上あるいはその裾部に並べ置かれた土製品。

4~7世紀ごろ、古墳の上または周囲に立て並べた素焼きの土製品。
弥生時代の壺(つぼ)をのせる器台を起源にもつ円筒埴輪と、人物・馬・猪(いのしし)・犬・鶏・水鳥・盾(たて)・靫(ゆぎ)・蓋(きぬがさ)・家などの形をした形象埴輪に大別される。

形象埴輪には衣服、装飾品、武器その他当時の生活を表わすものも多く、また素朴ななかに、よく感情を表現しており、美術史研究の対象にもなっている。

古墳の外部に並べられた素焼きの土製品。
円筒埴輪と形象埴輪に大別され、後者は家形埴輪・器財埴輪・人物埴輪・動物埴輪に細分される。
聖域を示すために並べたとも、墳丘土の崩壊を防ぐためともいわれる。