花入

花入 ( はないれ )

花入(はないれ)は、茶席に飾る茶花を入れる器で、金属・磁器・陶器・竹・籠製のものなどがある。
中釘や床柱の花釘に掛ける「掛花入」、床の天井や落掛などから吊る「釣花入」、床に置く「置花入」などがあり、置花入は床が畳敷きの場合は下に薄板を敷きますが、籠花入の場合には薄板は用いません。
胡銅・唐銅や唐物青磁などを「真」、上釉のかかった和物の陶磁器を「行」、竹・籠・瓢や上釉のかからない陶磁器などを「草」とする。

かねの花入:「古銅」「唐銅」「砂張」「青銅」など
 竹の花入:「白竹」「胡麻竹」「煤竹」など