鍛金

鍛金 ( たんきん )

工芸用語。鍛造、火造りともいう。金、銀、鉄、銅などの展延性の大きい金属を熱し、金鎚で打ちのめしながら成形する技法。当り金の上で金を打出す鎚起 (打出し) の技法もこれに含まれる。これらの技法は古来、武器をはじめ宗教用具、美術工芸品、日常器具などに広く用いられた。今日の工業技術ではスチームハンマ、スピニング法などの動力による方法が大部分を占めているが、美術工芸品などの制作にはまだ広くこの方法が用いられている。

金属を打ってきたえ、板や線・立体などの形状にのばして器物をつくること。また、その技法。打ち物。鎚金(ついきん)。鍛冶(かじ)。

金属を板状、線状、立体状にたたきのばして器物を作ること。立体状にのばすことを鎚起(ついき)、打出し,鎚出などという。作品には仏像(押出仏)、銅鑼(どら)、香炉、鉢、花瓶などがある。広義には刀鍛冶(かじ)も含む。鍛金の名は岡倉天心が東京美術学校に金工科を設立した時に始まる。

打物(うちもの)、鎚起(ついき)ともいう。平らな鉄床の上に金属塊を置き、金鎚(かなづち)や木槌で薄い板金を作る鍛造、打ちのばして作った板金を表裏から打ち、絞り縮めなどして立体的な花瓶、鍋などを作る〈鎚起技法〉、金属板を折りまげたり、鑞(蠟)付(ろうづけ)したりして立体的なものを作る〈板金技法〉に大きく分けられ、これらの技法を併用している場合が多い。この技法は金属の展延性を利用したもので、金属の発見された当初から行われた最も古い金属の成形技法である。