白磁

白磁 ( はくじ )

白地に無色の釉薬をかけた磁器の総称。
青磁の製造技術の完成と共に発展し、北宋時代の定窯で、白磁の名品が多く作られるようになった。
白磁と言えば、中国の北宋時代の白磁が有名ですが、日本では柿右衛門の濁し手も白磁で、白磁にもいろいろな違いがあり、時代や作り方によっても、同じ白磁でも色合いが変わってきます。