白磁

白磁 (はくじ)

白地に無色の釉薬をかけた磁器の総称。
青磁の製造技術の完成と共に発展し、北宋時代の定窯で、白磁の名品が多く作られるようになった。