箱書

箱書 ( はこがき )

書画・器物などを入れた箱に題名・作者などを記して、その中身を示すこと。
また、その文字。
茶道では茶器鑑賞のめやすとする場合が多い。

御書附、御書付、箱書、箱書きとも言う。
書付は、書画・陶磁器などの作者名や作品の伝来、銘、署名、押印などを、紙に書いて添えたり、箱に書き付けたもの。
作品を収めた「共箱」(その作品のために用意された専用の木箱)に記されたものを「箱書」と称する。
権威の高い人物によるものをとくに「御書附」といい、作品の価値を高める作用を果たす。
作者自身による者もあれば、作品の価値を高めることを目的として、有力人物に依頼して付される場合もある。

茶道具などの銘や由来や歴代の所有者などを箱に墨書して記録として残したもの。