土師器

土師器 ( はじき )

古墳時代から平安時代にかけて焼かれた素焼き土器の総称です。
赤黒い素焼きで文様はなく、弥生時から発達したものです。
昔は人気がありましたが、現在では自然釉がかかり、見所のある土師器に人気があります。