灰匙

灰匙 ( はいさじ )

亭主が客の前で炉や風炉に炭を組み入れる炭点前(すみでまえ)で用いる、風炉や炉に灰をまくための匙。
灰杓子(はいじやくし)ともいう。
鉄や銅などの金属製で、炉用、風炉用の二種類があり、風炉用には小ぶりで柄が長く柄に竹の皮を巻いたもの、炉用には大ぶりで桑の木の柄がついたものが用いられる。
利休形は桑柄で匙が柄に差込みなっており、少庵好は鋲打ち、特殊なものとして楽焼(元伯好み)のものがある。
灰匙は、風炉の折は灰形を作るのに用いる。

茶の湯の世界を簡単に骨董店から説明させて頂きます。
お抹茶の世界は、茶道の最初は、千利久から始まり、千宗旦の時代頃に裏千家、表千家、や三千家が作られていった。
また、小堀遠州を祖とする大名好みの豪華、唯美的な一流派、遠州流や表千家 7代如心斎の門下の川上不白 (1716~1807) を祖とする茶道流派の一つ。
である江戸千家、等々、それぞれ流派の決まり事や、作法の違いや、特徴はありますが、大きく茶の湯、と解釈すると同じような目的や志が見えてきます。
お煎茶の世界も同じでいろいろの流派があり、それぞれの流派のお家元がおられ同じような事が言えるでしょう。
お茶の世界では、お軸は、禅語が好まれ、お茶室の正面に掛けられる一行書は一番大切なお軸です。
現在の禅宗の僧や、昔の高僧、また歴代のそれぞれのお家元が書かれたお軸も多く使われます。
お道具は、それぞれのお家元の書付のあるお道具や、お家元の自作のお道具、また歴代の昔のお家元の作品は一般的に高価に取引させています。
茶道具の一般的なお話ですが参考までに書かせて頂きました。