灰匙

灰匙 ( はいさじ )

亭主が客の前で炉や風炉に炭を組み入れる炭点前(すみでまえ)で用いる、風炉や炉に灰をまくための匙。
灰杓子(はいじやくし)ともいう。
鉄や銅などの金属製で、炉用、風炉用の二種類があり、風炉用には小ぶりで柄が長く柄に竹の皮を巻いたもの、炉用には大ぶりで桑の木の柄がついたものが用いられる。
利休形は桑柄で匙が柄に差込みなっており、少庵好は鋲打ち、特殊なものとして楽焼(元伯好み)のものがある。
灰匙は、風炉の折は灰形を作るのに用いる。