萩焼

萩焼 ( はぎやき )

山口県萩市周辺、また広く山口県下で産する陶器の総称。
文禄・慶長の役 (1592、97) のとき、毛利輝元が朝鮮から陶工李兄弟を連れてきて、萩の松本中ノ倉で焼かせたのに始る。
兄の李勺光 (りじゃくこう) の系統を深川萩 (長門市深川) 、弟の李敬の系統を松本萩 (萩市松本) と称し、窯元 (村山窯,坂窯) が現代まで続いている。
作品は井戸茶碗などの茶器がおもで、軟らかい胎土に独特の肌合いをもつ白釉 (ゆう) をかけて焼いたものが多く、釉ひびを特色としている。

朝鮮から渡来した李勺光と李敬(坂助八)の兄弟陶工が開祖とされる。
「焼き物戦争」ともいわれる文禄・慶長の役(1592~98年)で日本に連れてこられ、毛利氏が1604年に萩へ本拠を移した後、萩藩の御用窯として始まったとされる。
茶道具、特に茶わんで高い評価を得ている。

山口県で産する陶器。
慶長年間の朝鮮役の際に帰化した陶工、李勺光(りしゃくこう)・李敬兄弟の開窯といわれる。
萩市の松本萩と長門市湯本の深川(ふかわ)萩があり,前者は李敬(坂高麗左衛門)が始め、のち三輪窯が代々業を継ぎ、後者は李勺光が山村姓を名乗って創業、坂家が継いで現在に至っている。