旭日大綬章

旭日大綬章 ( きょくじつだいじゅしょう )

日本の勲章の一つで、旭日章の最高位。
2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」で制定された。
それ以前は、明治期に確立した勲章制度により勲一等旭日大綬章とされていた。
翌2003年5月の閣議決定「勲章の授与基準」によれば、旭日大綬章の対象者は、「内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長又は最高裁判所長官の職にあって顕著な功績を挙げた者」とされており、さらに「国務大臣、内閣官房副長官、副大臣、衆議院副議長、参議院副議長又は最高裁判所判事の職(これらに準ずる職を含む)にあって顕著な功績を挙げた者」を1ランク下の旭日重光章またはこの旭日大綬章の対象としている。
ただし、実際の受章者には、功績の顕著な県知事や大企業経営者、労働組合幹部なども含まれている。
授与式は皇居正殿松の間で行われ、天皇が勲章を親授する(親授式)。

日本の勲章の一つ。
2003年(平成15年)の栄典制度改革以前の勲一等旭日大綬章に同じ。

日本の勲章「旭日章」の最高位、勲一等に位置づけられる章。
旧称は「勲一等旭日大綬章」。
国や公共に対して功労のある者のうち、特に高く評価される功績を挙げた者に授与される。
旭日大綬章の受賞者は、おおむね、各事業分野において長年トップを務め業界を牽引してきたといえる功績を持つ。
たとえば2013年春の叙勲では、植松治雄(元日本医師会会長・元世界医師会理事)、大野功統(元防衛長官)、羽佐間重彰(元フジテレビ社長、元日本新聞協会理事)などが選ばれている。
2014年春の叙勲では、葛西敬之(JR東海名誉会長)、渡文明(JXホールディングス相談役、元石油連盟会長)、樋口武男(大和ハウス工業会長、住宅生産団体連合会会長)などが受賞者に名を連ねている。