豪農

豪農 ( ごうのう )

江戸末期から明治維新期の農民諸階層の一つ。
比較的大規模な土地を所有し、その大部分を小作に出している地主であるが、残りは手作りし、同時に手工業や商業を兼業した。
村役人を兼ねるものが多い。
幕末・維新期の政治経済において重要な役割をになった。
多くの土地・財産を持ち、その地方で勢力のある農家。

江戸末期から明治前期にかけて存在した上層農民。
多くの田畑山林を所有し、貸付地主としての側面をもつとともに、地主手作り経営を行い、あるいは農村小工業の経営に従事し、さらに村役人や区戸長などを務めるなど、地域社会の動向に重要な関連を維持していた。

多くの土地を所有し、ある程度の権勢をも備えた、富裕農家のことである。
世界史用語や一般用語としても用いられるが、狭義および本義では、日本史において近世中期から明治期まで存在した上層農民の一形態であり、江戸時代後期は18世紀半ば以降の、特産物生産地帯の形成あるいは小商品生産の発展に伴って成長した村方地主(むらかたじぬし)を指す。