御本

御本 ( ごほん )

名前の由来は、桃山時代の茶人が日本から見本(お手本=御本)を朝鮮の釜山窯に送り、そこで焼かせた茶碗に鹿背(かせ)が現れたことから、現在では、鹿背がある陶器を御本と呼ぶようになりました。
日本人好みの結構有名な茶碗で、割と数多く作られ、茶会でよく見ることがあります。
価格は時代によって変わり、江戸期やそれ以前の御本茶碗には、高価な品物も数多くあります。