銀瓶

銀瓶 ( ぎんびん )

銀瓶は、銀で出来たやかんのようなもので、鉄瓶と違い湯の味を変えないことから、茶道具として使われてきました。
注ぎ口が龍の口になっている品物や、鉄砲口のもの、蓋の摘みが、珊瑚や玉、金の環で出来ている品物などがあります。
鉄と銀で作られた作品(取手が鉄)で作られた品物や、銀瓶の周りに四君子等の絵が彫られている品物や、銀瓶本体の部分に鉄がかぶさって作られている物があります。
作家別では、秦蔵六、紹美栄祐、中川浄益、北村静香など。