現代美術

現代美術 ( げんだいびじゅつ )

「コンテンポラリー・アート」とも呼ばれていますが、常にその時代 時代における美術の総称で、特定の動向や主義主張を指す ものではなく、欧米において20世紀の美術を語る場合、印象派以降の美術をモダン・アート(近代美術)とし、第二 次世界大戦以降の美術をコンテンポラリー・アートとするのが通例とされてきました。
日本における美術の流れについては特に日本画や伝統工芸の世界では、この歴史区分は適用されず幕末・明治維新から今日に至るまでの時間帯を「近代」とし、以後我国の絵画や彫刻の世界に主としてアメリカより入ってきた抽象表現主義の影響を受けた芸術作品を一般的に「現代美術」と呼んでいます。
工芸分野においても「用と美」をその旨としない現代美術の一環としての作品も生み出されています。
しかし21世紀を迎えてこの戦後の半世紀が、もはや「コンテンポラリー(同時代)」でも現代でもあり得なくなったという不都合が生じています。