贋物

贋物 ( がんぶつ )

にせもの。如何物(いかもの)。贋造物。まやかしもの。
似せてつくったもの。偽造のもの。まがいもの。

贋作 ( がんさく )
他者の作品などを自らの作と偽る意図をもって絵画、彫刻、書などの芸術品や工芸品に似せて模倣品を作成すること、またその作品のこと。偽作(ぎさく)とも言う。これに対して本物の作品のことを「真作」(しんさく)と称する。
模造品を作ること自体は違法ではない。例えば絵画では、先人の画風を見て、それを真似て描くことは、学校の美術の授業などで、ごく普通に行われている行為である。また、偽る意図のない模写・複製・レプリカなども、一般には問題視されない。模造品の真作と偽ると違法となる。