蓋置

蓋置 ( ふたおき )

茶道具の一種。
釜の蓋や柄杓 (ひしゃく) を置く台。
材料には古銅、陶磁、木竹などが用いられ、穂屋 (火舎) 、栄螺 (さざえ) 、蟹、一閑人、五穂 (五徳) 、三つ葉、三つ人形の形をしたものを7種蓋置と呼び、蓋置の代表的なものとしている。

茶の湯の点前(てまえ)で、釜の蓋や柄杓(ひしゃく)を置く道具。
竹製・陶製・金属製などがある。

茶の湯で、釜の蓋や柄杓ひしやくを置く具。
古銅・陶磁器・木竹などで作る。