万国博覧会

万国博覧会 ( ばんこくはくらんかい )

国際博覧会の通称。万国博。万博。エキスポ。

新しい文化の創造や科学、産業技術の発展などを目的に、世界的な規模で開かれる博覧会。第1回は、1851年英国ロンドンのハイド・パークで行われた。1928年、国際博覧会条約が結ばれ、それによると、一般博と特別博に大分類でき、一般博は広く人類の進歩をテーマとし、特定の分野に絞ったものが特別博。70年に大阪で開催された日本万国博覧会(大阪万博)は一般博で、85年のつくば・国際科学技術博覧会、90年の大阪・国際花と緑の博覧会は特別博。博覧会国際事務局は、2000年以降の万国博覧会の開催を5年周期と定め、21世紀最初の開催となったのが05年の愛知万博。

時代の最先端をいく世界各国の科学技術の粋を一堂に集めて展示するほか、各国それぞれのお国ぶりを紹介する展示や催物により国際交流を深めようとする世界最大の博覧会。万国博、万博とも呼ばれる。その第1回はイギリスのビクトリア女王の夫君アルバート公の強い後押しもあって1851年ロンドンのハイド・パークで開かれ、約40の国が参加した。入場者は600万人で興行的にも成功した。この成功は当時イギリスにならって工業化の道を歩んでいたフランス、アメリカなどの国々にとって大きな刺激となり、以降、ニューヨーク、パリ、ウィーンなどで次々に万国博が開かれていった。

世界各国がその工業製品・科学機械・美術工芸品などを出品展示する国際的な博覧会。1851年ロンドンで第一回が開かれた。日本の参加は67年のパリが最初で、江戸幕府・薩摩藩・佐賀藩がそれぞれ別個に出品した。1970年(昭和45)には大阪で開催、2005年には愛知県で開催された。万国博。万博ばんぱく。エキスポ。エクスポ。