博覧会

博覧会 ( はくらんかい )

産業と文化進展のために、種々の生産品、実物、見本、説明図などを展示したり、即売したりする会。
近年は観光、レジャーの色彩が濃く、大規模化しつつあり、娯楽性を強めたテーマパークや、会議や研修を目的としたコンベンションなどを取り込む形態も増えている。
起源は 1756年ロンドンで開かれた勧業博覧会で、日本では 1877年東京での第1回内国勧業博覧会が最初。
国際博覧会は 1851年ロンドンが第1回で、日本では 1970年大阪で初めて開かれた

産業・貿易・学術・技芸などの振興・促進のために、種々の産物・文化財などを集めて展示し、広く一般に公開する催し。

農業、鉱工業などの産業全般および技芸、学術等の文化全般にわたる活動と成果の実態を生産品、模型、機構図などの展示によって一般に周知させる催し。

時代の最先端をいく世界各国の科学技術の粋を一堂に集めて展示するほか、各国それぞれのお国ぶりを紹介する展示や催物により国際交流を深めようとする世界最大の博覧会。
万国博、万博とも呼ばれる。

物品や資料などを集めて一般公開する催しのこと。
様々な物品を集めて展示する博覧会(国内博覧会)は、1798年、フランス革命の時期のパリで開催された。
1849年までにパリで11回にわたり開催され、徐々に規模が大きくなっていった。
同様の博覧会がベルギー、オランダなど各国でも開催されるようになると、1849年、フランスの首相が国際博覧会を提唱し、1851年に第1回国際博覧会がロンドンで開催されることになった。
東京では1877年(明治10年)に、上野公園で第1回内国勧業博覧会(政府主催)が開催された。
内国勧業博覧会は以後、1881年(明治14年)上野、1890年(明治23年)上野、1895年(明治28年)京都、1903年(明治36年)大阪と5回が開催された。