絵師

絵師 ( えし )

一般に画家を意味し、特に日本の古代、中世における一定の技術者集団、作画機構に所属する職業的画人をいう。
画師ともいう。
中国や朝鮮からの渡来人が絵画の技術を伝え、その子孫らに技術を伝承していったことに始まる。
8世紀になると画工司という律令的な機構が組織され、国家的な規模の造寺造仏に伴う仏画制作、仏像、建築の彩色などに集団で従事するようになった。
平安時代初期には宮廷内に絵所が設けられ、中心的な絵師は多くの雑工を使って宮廷や貴族の需要に応じ、障屏画や絵巻などの装飾的、鑑賞的絵画の制作をはじめ、工芸デザイン、建築彩色など幅広い活動を行なった。

古くは画師とも書き、黄書(きぶみ)画師、山背(やましろ)画師など渡来人で画技をもつ氏族に与えられた称号。
奈良時代では画工司(えだくみのつかさ)、平安時代では絵所(えどころ)にそれぞれ採用された画家を呼んだ。

画師とも書く。
現在用いられている「画家」と同意語であるが、もとは宮廷の絵事をつかさどる技術者の職名であった。
画師は寺や仏像を装飾するため文様をかくのが主であったらしい。
鎌倉時代以降は、職名とは関係なく、絵を専門とする者を画師または絵師と呼び習わすようになった。
江戸時代になると、幕府の職名として復活し、御用絵師のなかで、狩野(かのう)の中橋(なかはし)、木挽町(こびきちょう)、鍛冶橋(かじばし)、浜町の四家を奥絵師とよんだ。