遠州七窯

遠州七窯 ( えんしゅうしちよう )

江戸時代初期、小堀遠州が好みの茶入れや茶碗などを作った七つの窯のことです。
遠江志戸呂(しどろ)・近江膳所(ぜぜ)・豊前上野(あがの)・筑前高取・山城朝日・摂津古曾部(こそべ) ・大和赤膚(あかはだ)の七窯で、遠州好み七窯と呼びました。
以上のような陶芸品がありますが、今ではほとんどの窯が廃止され焼かれておりません。
昔はこのような地方の窯元がいろいろありましたが、この七つの窯は特別有名で、味があり、人気がありました。
しかし、陶芸作品も量産されるようになり、安価な作品が多く出回るようになり、現在では廃止された窯元が多くあります。