絵馬

絵馬 ( えま )

祈願や報謝のために、社寺に奉納する絵の額。
生きた馬の代わりに絵に描いて奉納したのが始まりといわれる。
屋根形の小絵馬や大形の額絵馬などがある。

社寺に祈願または感謝のため馬などの絵を描いて奉納した額。
画家の手になる大絵馬(額絵馬)、無名の職人による小絵馬など多種多様。
古代に生馬を神に奉納した代用に行われたもので、平安時代には板馬が行われ、鎌倉時代には馬のほか三十六歌仙なども描かれるようになり、江戸時代になると絵馬堂に種々の趣向の絵馬を陳列した。