絵唐津

絵唐津 ( えがらつ )

唐津焼の中で釉下に絵文様を鉄砂で描いたものです。
絵は草花が多く、器は茶碗・皿・鉢など多種に及びます。
桃山時代から江戸初期のものが珍重されています。
シンプルですが大胆な筆致が魅力的で、現在でも人気があります。
元々唐津焼は、陶芸の愛好家の中でも人気があり、素朴な焼物の中に味がある陶芸作品で、その中でも下絵が描かれ、面白い作品が多く、現在でも人気があるのです。