江戸千家

江戸千家 ( えどせんけ )

表千家 7代如心斎の門下の川上不白 (1716~1807) を祖とする茶道流派の一つ。
師の命により江戸に出て駿河台に住み、表千家の茶道を広めた。
江戸千家あるいは不白流と呼ぶ。
のちに上野の池の端に庵を移し、現在まで継承されるが分派も多い。