独立美術協会

独立美術協会( どくりつびじゅつきょうかい )

洋画団体。昭和5年(1930)日本的フォービスムをめざし、児島善三郎・林武・三岸好太郎らが結成。

美術団体。 1930年 11月、二科会の里見勝蔵、児島善三郎、林武ら 11名に国画会の高畠達四郎、春陽会の三岸好太郎らがそれぞれの会を脱退して加わり結成。翌年1月に第1回展を開き、これを機にヨーロッパから帰った福沢一郎も参加。さらに第2回展以後、海老原喜之助、須田国太郎、小林和作、曾宮一念、野口弥太郎らも入会、フォービスムやシュルレアリスムなどの前衛的画家を集めて、昭和期の画壇の一大勢力となった。毎年一般公募の展覧会を開催。

結成に際して〈新時代の美術を確立せん事を期す〉と宣言し、一九三〇年協会のフォービスム志向を継承した。二科会のモダニズムの形骸化への反発と考えられる。
創立当初はフォービスムやシュルレアリスムなど強烈な個性の競合があり、昭和初期の画壇に革新的役割を果たしたが、しだいに日本的感覚を加味し、第二次世界大戦後は洗練された具象的作風を熟させていった。しかし近年では、創立会員の死去に伴う世代交代により、抽象化傾向が顕著となってきている。