土器

土器 ( どき )

粘土をこねて器の形をつくり、これを焼いてつくった素焼の容器。
陶器、磁器に対する呼称。
登り窯のような特別な施設を必要とせず、600~900℃ぐらいで焼かれる。
器形や文様などに民族的、時代的特徴があり、考古学、歴史学の研究に重要な資料である。
また、文字以前の先史時代においては、土器様式の変遷によって時代区分の編年が行われている。

粘土を焼成して作った素焼きの器物。
陶器・磁器に比べ、一般に焼成火度は低い。
古くから世界各地で見られ、日本では縄文土器・弥生土器・土師器(はじき)がある。
出土した層や器形・文様などから考古学上の重要な資料となっている。
かわらけ。