澱青釉

澱青釉 ( でんせいゆう )

青みがかった半透明の釉薬。
宋・元の頃、河南省禹県を中心に、華北一帯でこれを使った堅い陶器がさかんに制作されました。
中国の昔の時代に使われた釉薬のことで、この釉薬がかかった陶器が日本で好まれ、人気があります。
現在で同じような釉薬を作ろうとしてもなかなか難しく、昔のこれらの陶芸作品に人気があります。