伝世品

伝世品 ( でんせいひん )

美術品などで製作当初から現在に至るまで秘蔵されたり、愛玩(あいがん)されて世に伝えられて来たものをいいます。
特に秘蔵されてきた品物は、使った後が無く、いろいろな部分も昨日作られたように綺麗な状態で、製造の時代を見分けるのが難しく、鑑定や査定の技術が問われることがあります。
真反対の言葉に発掘品という言葉があります。