鋳金

鋳金 ( ちゅうきん )

加熱して溶かした金属を鋳型に流し込んで器物や彫刻をつくること。鋳造。

鋳造の技法による金工の一種。材料は金、銀、銅、鉄やこれらの合金が使われ、青銅が最も多い。技法には各種ある。(1)惣型(そうがた)鋳造。原始的な技法で、器物の雌型を土で作り、火で乾燥させた内面に金属を流して鋳造する方法。中が空になる器物を作るときには、別に中型を型持(かたもち)(外型と中型の間に入れて、中型が動かないようにするもの)でささえて鋳造する。古代の銅鐸(どうたく)、梵鐘(ぼんしょう)、鏡などの青銅器の製法。(2)蝋型鋳造。蜜蝋で作った原型を土で囲み、中の蝋を焼き流すことによって生じた空洞に溶けた金属を流し込む方法。金銅仏などの製法。精巧な物を作るのに適するが、複製はできない。(3)砂型鋳造。銭貨や柄鏡など簡単なものを多量に生産する方法で、砂を固めて乾燥させた型を用いる。(4)込型(こめがた)鋳造。原型を土で塗り込めて分割したのち、原型をとり出し、型をとじ合わせて鋳造する方法。これは比較的近代の方法である。

金工の成形技法の一つ。鋳造(ちゆうぞう)、鋳物(いもの)ともいう。加熱による金属の溶解性を利用したもので、金属を溶解してあらかじめ作っておいた鋳型(いがた)に流し込み、冷やしてから製品を鋳型から取り出して仕上げる技術。鋳型作製、金属の溶解鋳込み、仕上げの3工程に分けられる。鋳込みと仕上げの工程は共通するが、鋳型の作製には差異があり、中空の器物を作るには雌型(めがた)(外型(そとがた))と雄型(おがた)(中型(なかご),中子(なかご))を必要とする。

このほか、近年では日常品の素材としてアルミニウム、ステンレス、ニッケルなど、また装身具材料としてホワイトゴールド、プラチナなどの貴金属が利用されている。 加工技法は大別して鋳金、彫金、鍛金に分けられる。鋳金は溶かした金属を鋳型に流し込んで成型する技法であり、彫金、鍛金は金属の塊や板を、鏨(たがね)を用いて彫ったり、切り透かしたり、打ち延ばしたりして、成型・加飾する技法である。