中国画

中国画

唐絵( からえ )
中国の絵の、題材や技法で書かれた絵。

広義には中国絵画のこと。語義や用法は時代的に変遷し、平安~鎌倉時代前半まではやまと絵に対する言葉として用いられ、中国的画題、描法の絵画をもさした。鎌倉時代後半期からは、舶載の宋元画を新たに唐絵と呼び、さらにその影響を受けた日本画、特に水墨画にも適用された。

本来は、中国伝来の絵画および日本で中国の事物を画題とした絵画。大和絵(やまとえ)に対していう。鎌倉後期からは、宋元画およびその影響による新様式の日本画をもさした。

時代により概念が変遷し、平安時代には中国から舶載された絵、または中国風の主題をもつ日本の絵で大和絵の対。鎌倉時代では中国の宋元画、または日本の宋元画風の水墨画。室町時代以降は中国絵画、または漢画をさす。

平安時代以来、江戸時代にいたるまで用いられた絵画用語。本来は中国から輸入された物産・工芸品を唐物というのに対応して、中国渡来の絵画をさす言葉と思われるが、その用法は、各時代によって微妙に異なっている。平安時代においては、9世紀の後半から、それまで中国の風物のみを描いていた障屛画に日本の風景、風俗が描かれるようになると、それまでの中国的画題による障屛画との区別の必要が生じ、前者を倭絵(やまとえ)、後者を唐絵と呼んだ。

中国から伝わった絵。初めは中国人の描いたものをいったが、のち、それを模して日本人が中国の風物を題材として描いたものをもさした。鎌倉・室町期には中国伝来の宋元の水墨画をいったが、その影響を受けた日本画をもいうようになった。大和絵と対義。