彫金師

彫金師 ( ちょうきんし )

金属に自分がイメージした図案を彫り込み、作品化し、金属を使って、アクセサリーや小物などを作る。素材となる金属の特徴や色合いを活かし、そこにオリジナリティを吹き込んでデザイン化していく。

彫金師は、鏨(たがね)という工具を使って金属を彫る「彫金」の技術により、ジュエリーやアクセサリーなどの装飾品、仏具や家具、建築物などの飾り金具を製作する。
伝統工芸の職人。
糸鋸(いとのこ)や木槌(きづち)、金槌、プライヤーなどを用いて、地金を切ったり叩いたり曲げたりする金属加工を行い、バーナーの火で溶かして接着する「ロウ付け」や「ヤスリがけ」という研磨、タガネによる「透かし」「彫り」「打ち出し」「象眼」などの彫金技術を施し、宝石の「石留め」を行う。

日本の彫金師の技は昔の日本古来の彫金細工で、日本の金工作品が世界でも人気があるのは、このような一つ一つの手仕事の技の素晴らしさを世界の人々が感動する逸品が出来ました。
彫金師は、いろいろな技術を学んだ後に彫金細工や象嵌細工の技術を学び、長年をかけて一人前の彫金師になれるのです。
彫金師が作る金工作品の技術は日本の大切な文化遺産で刀装具や刀の職人が支えてきた日本の職人技です。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き、骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。